広島のぶっとび受付カウンセラーが目指す、ディズニーランドのような美容外科クリニックとは?|湘南美容外科グループ採用求人メディア「Graine」

MENU
graineトップ 職種で探す コーナーで探す 湘南美容外科求人サイトへ
面接のトリセツ 100院に向けたドクター採用 よくある質問

広島のぶっとび受付カウンセラーが目指す、ディズニーランドのような美容外科クリニックとは?

PROFILE.
木川裕美(きがわゆみ)。
湘南美容外科クリニック広島院受付カウンセラー。2012年入職。(取材:2015年6月25日)※2015年8月1日より主任を務める。

今回お話をお伺いしたのは湘南美容外科クリニック広島院の受付カウンセラー、木川裕美さん。カウンセラーを代表して企画会議(すごい会議)のメンバーに選出されるなど院を超えて活躍中です。

本日は「広島院にかなりぶっ飛んでいる受付スタッフさんがいる」という噂を聞きつけ、取材に参りました!木川さん、よろしくお願いします!

よろしくお願いします。

噂によると木川さんは湘南美容外科クリニックに入職される前に、お仕事を3つ経験していて、中国語もペラペラだとか・・・

そうですね。新卒で某美容外科に入って2年くらいで辞めて、中国に行ってビジネスをしていたんです。

え、いきなり中国に行ったんですか?

そうですそうです。母から10万円借金をして、それを元手に「これからの時代は中国だ〜!」ってビジネス立ち上げるつもりで1人で行っちゃいました(*ノω・*)テヘ

いやいや、かなり(*ノω・*)テヘではないですよね(笑)元々、中国に馴染みがあったんですか?中国語を話せたとか・・・?

いえ、全く(笑)現地の学校にある外国人向けのコースで中国語を学びながら、市場で可愛い品物を買ってネットで日本向けに販売していました。

なるほど!流行りのネットビジネスってやつですね!とは言っても24歳で単身中国って半端ない行動力ですね。

それはよく言われます(笑)そのまま28歳くらいまで中国でネット販売をやっていましたね。調子の良い時は売り上げが100万円くらいまでいきました。

月に100万円ですか?

はい。最初は家賃1万円のお湯も出ないような家に半年住んでいたんですけど、最終的には家賃10万円くらいのちょっといいところに住めるようになっていました。

いやぁ〜、ゼロからそこまでいくのは本当にすごいですよ。でも、そこからどうして湘南美容外科クリニックに転職することになったんですか?

さすがに一人でやっていると常に仕事のことを考えちゃうんですよ。自分が稼がないと生きていけなくなるので、兄の結婚式でハワイに行った時もネットショップが気になって、ネットカフェを探し求めて歩き回ったりしていました。

それは精神的にきつそうですね。

それで、もう国に帰ろう・・・って。

それから湘南美容外科クリニックへ?

いえ、広告の会社に入ったんです。そこでちょっとH気味な雑誌の付録を作る仕事をしました。

おっと!それはかなり気になります(笑)

付録が女性の使用済み風の下着だったんですよ。使用済み「風」ですよ。制作コストを抑えるために人件費の安い中国の工場に依頼をしていたんです。だから、頻繁に中国の工場に行って働くおじさんたちに「頑張れ~!納期まであと少しだ〜!!」ってやってました。

やっぱり中国なんですね・・・(笑)それにしても相変わらずぶっ飛んでますね。

いやぁ、大変でしたよ。「こんなの女子履かないよ!」っていうピラピラの布みたいな下着送ってきたりしますし、こっちの指示を全く聞いてくれないし、締め切りは守らないし!

それはさすがにやってられないと・・・?

大変なのは嫌いじゃないんですよね。全然頑張るつもりだったんですが、2年くらいで会社が倒産しちゃったんです。

なんと!

ある日、事務所で仕事をしていたら、電気がいきなり消えたんです。電気代払っていなかったみたいで。そこから社長も一切現れなくなったんです。給与も滞っていて、タイムカードに打刻するにも電気がつかず押せない・・・みたいな(笑)いやぁ〜、人生って色々ありますよね(^^)

木川さん・・・あなた、すごい!

そうですか?ありがとうございます。それで私は広島の実家に戻りました。

実家で何をされていたんですか?

婚活です。

・・・。

お見合いして良い人見つかって、婚約したんです。でも結婚直前で婚約破棄になって・・・。いやぁ〜、人生って本当に色々なことがありますね(^^)

・・・。よしっ!湘南美容外科クリニックに転職したお話しましょう!!

はい(^^)

木川さんが入職したのは2012年、33歳の時ですよね。広島院って当時はどんな感じだったんですか?

私が入った時はオープンしたてで、受付スタッフも4人程しかいませんでしたが、皆でクリニックを立ち上げていくという熱い感じがありました。研修を終えて先輩方と同じように仕事が出来るようになってくると、クリニックの運営についても提案などもするようになってきました。

提案ですか?

広島院ではスタッフが何か提案をするとすぐに実践できる柔軟な雰囲気があるんです。受付カウンセラーや看護師という枠を超えて皆でミーティングをしているのですが、いつも共通するテーマが『広島院をディズニーランドくらいリピートされる場にする』なんです。

ディズニーランドですか!

どうすればお客さまが再びご来店したくなる場になるのか?をいつも考えています。最近の案は隠れミッキーからアイデアを得たんですよ。

隠れミッキーってディズニーランドにさり気なく色んな場所に隠れるように描かれているミッキーのイラストですよね。あれ見つけるとテンション上がりますよね!

ですよね。広島院では月に1度湘南美容外科広島院のスタッフが運営するブログで隠れスタッフというものを発表するんです。例えば私が今月の『隠れスタッフ』だったとしますよね。するとお客さまは私を探して、ハンコをスタンプカードに集めるんです。

へえ!凄く面白そう!お客様の反応はいかがですか?

きょろきょろして探してくださいますよ。たまに「○○さんを出して下さい」ってご指名が入るときもあります(笑)それで、スタンプを集めると記念品としてサンプルなどがもらえるというわけです。

名前も覚えて頂けますし、素敵なサービスですね!確かに何度でも来たくなっちゃうかも!そういう案がミーティングで話し合われているんですね。

はい。受付カウンセラーとナースでは視点が違うので面白いし、交流を欠かさないことでチームワークも充実します。とてもフランクな雰囲気でやっているいので変な案も沢山出てくるから楽しいんです。

変な案もオッケーなんですか!

もちろんです!その方がミーティングがずっと楽しくなります。以前は「顧客満足度を上げるためにどうしたら良いか?」といった議題で司会者がずっと話す感じの真面目な空気でした。司会者の意向通りのアイデアしかでないですし、発言する人も限られていたんです。でも、やっぱり会議は面白い方が良いじゃないですか。

沢山の興味深い経験をされてきた木川さんが言うと説得力がありますね(笑)

面白いこと大好きです(^^)
以前、全国から選抜されたカウンセラー数名による湘南美容外科グループ全体の改善策をつくる「すごい会議」と呼ばれている経営会議に出た時に、やり方が面白いな、すごく良いな、と思ったので広島院でもこの方法を取り入れてみました。

全員参加型ですね!

やはり参加型になると普段は話さない人とでも気軽に話せるようになります。変な案が意外と大事なんですよ。

ちなみに隠れスタッフは誰の提案?

私です(笑)

さすがです(笑)スタッフさんにかなり広い裁量があるんですね。

そうですね。いつまでに誰がやるとか、皆で決めています。隠れスタッフの他にも広島院では皆で考えた工夫が至る所にあるので、ぜひもっと多くの方にご来院頂きたいです。広島院のInstagramや、広島院院長の村田祐一郎先生のブログでも情報がバンバン出ているので、ご興味のある方も無い方もこれを機にぜひぜひ御覧くださいね。

また来たくなるクリニックなんて素敵です!広島院は木川さんの面白さが抜群に活かせる環境なんですね。

とっても大好きなクリニックです。『#1 湘南美容外科クリニック 広島院 〜SBC クリニック潜入レポート〜』でクリニック内の雰囲気が分かるので、こっちもオススメです♥

木川さん、本日は本当にどうもありがとうございました!

Pocket

Facebookページにいいね!をして
湘南美容外科求人メディア「Graine」の最新情報を受け取ろう

湘南美容外科グループでは受付カウンセラーを募集しております。
会社説明会も随時行っておりますので、是非お気軽にご参加ください。

この記事のあとによく読まれています

同じコーナーの記事