歯科衛生士を辞めたい人へ「アシスタント業務以外にできることがあると教えてくれたのは先生でした」|湘南美容クリニックグループ採用求人メディア「Graine」

MENU
graineトップ 職種で探す コーナーで探す 湘南美容クリニック採用求人サイトへ
面接のトリセツ 100院に向けたドクター採用 よくある質問

歯科衛生士を辞めたい人へ「アシスタント業務以外にできることがあると教えてくれたのは先生でした」

PROFILE.
小澤 舞衣乃(おざわ まいの)。湘南歯科クリニック横浜院所属。歯科衛生士。2016年9月入社。趣味は食べ歩き。プチ自慢は毎日でも焼肉が食べられること。

今回は、湘南歯科クリニック横浜院で歯科衛生士をしている小澤さんにお話を伺います。

よろしくお願いします!私もこちらのスタッフインタビューを見て転職活動をしていたので、自分が出演することになって驚いています(笑)

なんと!どなたの記事をご覧になったのですか?

一般歯科から審美歯科に転職した歯科衛生士が感じる違いや、やりがいとは?』という歯科衛生士の大久保さんの記事です。「責任ある仕事を任せてもらえる環境って、すごくモチベーションに繋がる」と書いてあったのが印象的でした。

こちらが大久保さん。

どうして大久保さんの記事に惹かれたのでしょう?

モチベーション高く働いている大久保さんが羨ましかったんです。当時の私は一般歯科で働いていたのですが、歯科衛生士になったことを後悔していて。歯科衛生士がコンプレックスという状態でした。

歯科衛生士がコンプレックス!?立派な仕事なのに何故でしょう?

「歯科衛生士って無力だな、何もできないな」と思ってしまっていたんです。今考えると職業は関係なく、仕事の領域の問題だったと思うのですが、当時の私は仕事に誇りを持てないでいました。

何故「何もできない」と思っていたんですか?

今まで勤めていた歯科医院では、「歯科衛生士=歯科医師のアシスタント」というのが当たり前で、主体的に考えて仕事をすることがありませんでした。先生の指示通りに器具を渡して、口内の水を吸って、カルテの整理をしてという。指示待ちだったので、年齢を重ねても技術力は上がらないですし、給与も低いままです。もっとこうしたらいいのに、と思っても先生のやり方に従わないといけませんでした。

例えばどんな場合ですか?

お客様が治療後に「まだ痛みがある」と仰っていたので、先生にお伝えすると「じゃあ経過観察で」と言われてしまい、「え?治療しなくていいの?」と思ってしまったり・・・。

確かに、そういうことが積み重なると辛いですね。

人形みたいに動くだけなら私がいる意味は無いなあと。「どうして歯科衛生士になっちゃったんだろう」と仕事のやりがいを感じることができませんでした。看護学校に入り直そうかなとも考えていたくらいです。

それで、やりがいを持って働く職場への転職を考えたんですね。

できることは何でもやらせてもらえる刺激的な環境を求めて湘南美容歯科に転職しました。

転職してみた率直の感想を聞きたいです!

もちろん、大満足です♡

良かった!具体的に教えてください!

まずは技術が向上しました。私が転職した当時は、お客様はたくさんいるのにスタッフが足りていないという状況で、「すぐに即戦力にならなくては!」と、同時期に入職した同い歳の歯科衛生士と毎日一緒に勉強したり、技術の練習をしたりとがむしゃらだったのが良かったのかもしれません。プリセプターが3ヶ月間もマンツーマンでついてくれたおかげで乗り切れたと思います。他にも、綺麗な仮歯をつくるのが凄く上手な先輩がいることなど周囲の存在がモチベーションになりました。

同僚の誕生日は全力でお祝いする文化があります

尊敬できる先輩が周りにいると良いですよね。

先輩だけではなく、湘南美容歯科では先生たちも素晴らしいんです。特に、最初に出会った北川哲太郎先生は私に仕事の誇りを与えてくれた方です。

こちらが北川哲太郎先生。先生の記事『湘南歯科クリニック横浜院を軌道に乗せた歯科医師が考える、リーダーとしてのあるべき姿とは?』も併せてどうぞ!

北川先生ですか?

湘南歯科クリニック横浜院で1年少し一緒に勤務しました。スタッフのポジションや年次に関わらず、平等に接してくださる方で、今までの私の歯科医師に対するイメージを一新してくれた先生です。個人それぞれに仕事の役割があることを教えて下さったり、私たちの意見も尊重して下さったり・・・そして何よりお客様思いの先生なので、本当に尊敬しかないんです。こんな先生中々いないと思うので、一緒に働くことができて本当に良かったです!

べた褒めですね!そんなに優しいのでしょうか?

いえ、全然優しくないですよ(笑)褒められたことなんて、たぶん無いんじゃないでしょうか。

えー!?では、どうしてそんなに尊敬されているんですか?

お客様想いなところかな。立場上クリニックの売り上げも意識する必要があるのですが、先生は徹底してお客様のニーズに合わせたカウンセリングをするんです。無理な提案はせずに、お客様の予算の範囲内で最大の効果を発揮する方法をいつも模索していました。カルテ情報なんて見なくてもお客様の顔を見ただけでパッと話ができるくらい一人ひとりに気を使っているところや、勉強熱心なところ、そして愚痴や泣き言を一切言わないところも素敵でした。

仕事仲間との飲みニケーション

情熱溢れる熱い方という感じですか?

そうですね、凄く熱く語る人です(笑)審美歯科は健康な歯を削ることがあるので、批判の対象になることもありますが、先生は一本筋の通ったポリシーを持っていました。「あの女性はね、仕事で嫌なことがあっても文句も言わずに凄く頑張って、やっとお金を貯めてうちに来たんだよ。大きく口を開けて笑えるようにしてあげたいじゃないか」って。どうして仕事内容まで知っているんだろう?とこちらが驚くくらいです。

そんな先生と一緒に働いているとやりがいを感じそうですね。

そうですね。スタッフの自主性を大切にする先生だったので、私たちも勉強会とは別に月1でスタッフだけ参加のミーティングを開いていました。業務の改善方法やクリニックの売り上げをアップするための施策を考えては、先生に相談して実施していました。そこでも先生は褒めてはくれないんですけど(笑)、私たちが考えたアイディアを先生自身の責任だと思って、実行させてくれるんです。実は私たちが知らないところで先生がフォローしてくれることもあって・・・とにかく毎日やりがいに溢れて楽しいんです。歯科衛生士もアシスタント業務以外にこんなに色々なことができるんだな、と初めて知りました。

歯科衛生士としてのやりがいを感じることができて良かったですね。

審美歯科には一般歯科とは違ったやりがいがあります。以前担当したお客様は、全ての歯をセラミックに置き換えるとても美意識の高い方でした。いつも明るい人でしたので楽しく施術に入らせていただいていたのですが、最後に来院された時に「実は私はずっと歯をコンプレックスに感じていて、やっとこんなに綺麗な歯にしてもらって本当に感謝しています」と泣いて喜んでくださったんです。半年以上通われていたので、私ももらい泣きしてしまいました。お客様の人生が大きく変わる瞬間に立ち会うことのできる歯科衛生士という仕事が今は本当に好きです。

湘南美容歯科に転職して小澤さんの人生も大きく変わりましたね。それでは最後に今後の目標を教えてください。

もっと技術力を上げることですね。先輩たちの技術が凄いので、頑張って追い抜かしたいです!

どんどんスキルアップする小澤さんの今後の活躍は要チェックですね!本日は貴重なお話をありがとうございました!

Pocket

Facebookページにいいね!をして
湘南美容クリニック求人メディア「Graine」の最新情報を受け取ろう

この記事のあとによく読まれています

同じコーナーの記事