ゲリラ精神を継承する実力派医師|中村大輔 (湘南美容外科クリニック新宿本院 院長)|湘南美容外科グループ採用求人メディア「Graine」

MENU
graineトップ 職種で探す コーナーで探す 湘南美容外科求人サイトへ
面接のトリセツ 100院に向けたドクター採用 よくある質問

ゲリラ精神を継承する実力派医師|中村大輔 (湘南美容外科クリニック新宿本院 院長)

全国に40院近いクリニックを展開している湘南美容外科クリニック。

その本院であり、トップレベルの医師たちが数多く在籍している新宿院を率いているのが湘南美容外科クリニック新宿本院院長 中村大輔だ。

中村先生ドキュメント本編.Still002

一日に同時並行で何件ものオペをこなし、12,000枚以上の症例写真を自らの手で掲載。

そのストイックな姿勢に加え、「日本一、腰が低いドクター」と称されるほど、スタッフにもお客様にも柔和な印象を与えている中村。

湘南美容外科ドキュメントシリーズ「the Origin」の第一弾の本作では、普段の中村を知るお客様やスタッフが見ると、少し驚くような彼の情熱的な一面が描かれている。

なぜ彼が、湘南美容外科のためにストイックなまでに走り続けているのか。
湘南美容外科クリニック 本院院長 中村大輔の「情熱の源流」に迫った動画をぜひ御覧ください。


編集後記 「湘南美容外科の持つゲリラ精神を継承するNo.2。」

中村先生ドキュメント本編.Still006

取材当時、中村先生が池袋院の院長から新宿本院の院長に就任してから、6ヶ月くらいが経っていました。カメラマンとして密着していた中、現場で感じたのは、中村先生とスタッフとの距離感でした。取材中、スタッフの皆さんに中村先生のイメージを聞いて回ると、ほとんどの人は院長としての中村先生の完璧さを賞賛。

新宿院訪問_1403某日.Still002

「中村先生はいつも穏やかで完璧」「バタバタしていてもちゃんと話を聞いてくれる」

距離感があるといってもそれは、マイナスの意味ではなく「憧れの存在」だからこそのプラスの意味での距離感でした。物腰が柔らかく、どんなに忙しくても感情の波は一定。お客様やスタッフにも常に丁寧にコミュニケーションを取り、相手の意見を尊重する。そんな隙のない完璧さが中村先生とスタッフとの間に「憧れ」という距離感を作っていたのだと思います。

その上、中村先生はスタッフの輪の中に入って、コミュニケーションを取るというより、スタッフが楽しくしているのを遠くから見守るタイプ。

けれど、いざ、中村先生が院長室に入り一人になると、パソコンで仕事をしながら、カメラに語られるのは、スタッフへのとても暖かな想いでした。

「スタッフは僕の宝だから」「僕も本当はみんなと混ざって話したいけど、やることがあって。でも、皆が和気あいあいとしていると分かるから安心」

スタッフのことを愛し、大切に想いながらも、クリニックの成長のため、スタッフの幸福のために、自分は縁の下の力持ちとして支える。

そんな皆には見せない一面をレンズ越しに知ったとき、中村先生のその想いをクリニックの仲間たちに届けたい、、そう切実に願ったのを今でも覚えています。

朝活_140315.Still001

あるとき中村先生に、尊敬する人物を聞いたところ「相川院長と革命家のチェ・ゲバラと建築家の安藤忠雄」という答えが返ってきました。

湘南美容外科クリニックの統括院長である相川先生はもちろん納得。後の2人はどうして好きなのかと聞くと「ゲリラ的なところが好きなんです」という返答。中村先生の柔和な印象とは真逆の「ゲリラ」という過激な単語が出てきたことに驚きました。

「ゲリラ」という意味は何となく分かるけれど「中村先生が目指すゲリラ」とは何なのか。それを知りたくて、取材中に二人の自伝を入手し、読み進めていきました。
すると、今まで抱いていた、攻撃的で激しいといった「ゲリラ」の印象は180度転回。

革命家のチェ・ゲバラも建築家の安藤忠雄も、それぞれの圧倒的に高い理想のために、自分のもとについてくる者たちを、上司と部下という関係を越えて、ともに同じ理想に突き進む「仲間」として愛していた…ゲリラの根底にあるのは「高い理想に向かって仲間と突き進む情熱」なのだと、二人の偉人の人生を通して、感じることができたのです。

そして、そのゲリラ的な在り方は、作品エピソードにも出てきている、中村先生のお父さまが亡くなったときに相川総括院長がとった行動と通じていました。
中村先生は、相川総括院長のゲリラ的な愛のDNAを受け継ぎ、新宿本院のトップとして皆を率い、そして、それは中村先生だけではなく、湘南美容外科グループ全体に受け継がれ続けている。そこに湘南美容外科クリニックの凄さがあるのだと私は感じています。

そんな中村先生の姿勢は、カメラマンである私に対しても同じでした。移動中に機材を運ぶのを手伝ってくれたり、休憩時には飲み物はいりませんかと気にかけてくれたりと、ただの制作業者としてではなく、一人の人間として、湘南美容外科のために作品を作る仲間として、接してくれていたように振り返っても思います。
中村先生が、なぜ「湘南美容外科の本院院長 中村大輔」としての今があるのか。是非、中村先生の情熱の源流を感じてください。

CM撮影~車中_140318.Still001

Pocket

Facebookページにいいね!をして
湘南美容外科求人メディア「Graine」の最新情報を受け取ろう

湘南美容外科グループでは世界一伝説のクリニックを共に創り上げていく医師(ドクター)を募集しております。院内見学会も随時行っておりますので、是非お気軽にご参加ください。ドクター(医師)の求人に関して詳しい情報はこちら

この記事のあとによく読まれています

同じコーナーの記事