「美容外科ナースに異動ってあるの?」看護師の気になる質問に答えます|湘南美容外科グループ採用求人メディア「Graine」

MENU
graineトップ 職種で探す コーナーで探す 湘南美容外科求人サイトへ
面接のトリセツ 100院に向けたドクター採用 よくある質問

「美容外科ナースに異動ってあるの?」看護師の気になる質問に答えます

PROFILE.
占部幸乃(うらべ・ゆきの)
湘南美容外科グループ銀座院 看護師。2012年10月入職。前職は大学病院の看護師。6年間働いた後、29歳で湘南美容外科グループに転職。

占部さん、今日はよろしくお願いします。
いきなりなんですけど、目大きいですよね〜!めっちゃキラキラしてる!

ありがとうございます!湘南美容外科グループの上原憂大先生に手術してもらいました。これ、手術した時の写真です。

写真撮ったんですね(笑)手術したって全然わからないですね!すごく自然!

さすが上原先生ですよね!「先生が可愛いって思う顔にしてください❤︎」ってお願いしたんです。アイプチとかもしたことなかったのですが、いきなり手術しちゃいました。

おお、いきなり衝撃的な話から始まりましたね(笑)

衝撃と言えば・・・私が看護師になろうと思ったのも衝撃的なことがきっかけなんですよ。あれは高校3年生の時でした。保健体育の授業中だったんですけど、何気なく教科書のコラムを読んでいたんです。すると、なんと、「日本では看護師が10万人不足している」って書いてあったんです!!!

ほお。

10万人ですよ!10万人!衝撃的じゃないですか?「これ、むっちゃ大変じゃん!」って思って、授業が終わってすぐにブルースウィルスみたいなマッチョイケメン保体先生の所に駆けつけたんです。

はあ。

そんな風にポカーンとしてる先生を捕まえて、「先生、ここ見て!10万人足りんらしいけん、私看護師になる!!!!」って。(※占部さんは福岡出身)

まさか、それで本当に看護師に・・・?

私も何であんなに熱くなってたのかよく分からないです(笑)。血を見るのも嫌いだったのに。

人生どこで変わるか分からないですね。

やりたいことをひたすらやってきた人生です!そんな経緯で、学校を卒業してからは高齢者専門の病院で看護師として働いていました。おじいちゃん・おばあちゃんと一緒に過ごすのが楽しくて6年働いた良い職場でしたね。夜勤とかは大変でしたけど、夜中に差し入れで頂いたスイーツとかをみんなで食べて乗り切ってました。

そんな楽しい職場から転職を考えたきっかけは何だったんですか?

『AneCan』です。

あー、キラキラ女子がたくさん載っているあのファッション誌ですね!

そうです。私が25歳の時に創刊されたので、まさに自分と同世代の女子たちの素敵OLライフに憧れちゃったんですよ〜。毎日オシャレな服を着て、美味しいランチを食べて、アフターファイブはお稽古に行く生活っていいな・・・って。OLに転職しようかな?って思ったんですけど…そういえば私パソコンできないじゃん!って気づいたんです(笑)やっぱり看護師のスキルを活かそうと思って、「自分の時間を確保できて」「外にランチに行けて」「給与もアップする」仕事を探しました。

その条件を満たしていたのが湘南美容外科グループだったんですね。

採用のホームページを見ていると綺麗な女の人たちが楽しそうに働いている写真が載っていて素敵って思ったんです。ノリについていけるかは不安でしたけど、まずは説明会に参加してみました。すると「何がなんでもこの会社で働きたい!」って思うようになったんです。

どうしてですか?

湘南美容外科グループの統括院長の相川先生が素敵過ぎたんです。この人とじゃないと働きたくない!というくらいでしたね。

相川院長のどんなところに惹かれたんですか?

相川院長は「未来」を語っていたんです。以前勤めていた病院でも院長のお話を聞く機会はあったのですが、話の内容は「過去」でした。うちの病院は100年の歴史があって素晴らしいとか。
そういうのも興味深いから楽しいんですけど、私が素敵だと思ったのは「常に前を向く姿勢」の相川院長でしたね。「伝説のクリニックを目指す」と初めて聞いた時は壮大すぎて正直イメージが湧かなかったんですけど、相川院長の言葉を聞いているうちに何だか実現できる気がどんどんしてきたんです。「究極の三方良し」の考えがすごくしっくりきたので、口先だけなんて全然思わなかったんです。

その感動が6年間働いた職場から占部さんを湘南美容外科グループに引っ張ったんですね。

受かって本当に良かったです!もし落ちちゃったら、何とかバイトで食いつないで向こう(湘南美容外科グループ)が忘れた頃にもう1回応募しちゃおって思ってました(笑)
念願叶って、実際に新宿院の皮膚科に配属された時は嬉しかったですね〜!

占部さんは今は銀座院で働いていますが、入職してすぐは新宿院にいらしたんですね。

そうです。新宿院の人はみんな仲良しで、特に同期の仲は最高でした!他のクリニックに配属された同期とも月に1回のペースで飲み会をしていたんですけど、私たちの飲み会ってすごく熱いんですよ!仕事の話がどんどん盛り上がってきて、今こんなことに迷ってるけど、こんな風に頑張ってる!とか語っていると、お酒も入っているので泣いたりしてるんですよね。この写真はまだ泣いていない、お見せできるやつです(笑)

一緒に働く人との関係性って、仕事をする上ではかなり大事ですよね!

覚えることが沢山あったのに乗り越えられたのは周りの人のおかげでしたね。あの人が頑張っているから、私も頑張ろう!って感じでした。同期が昇進したら私の家でお祝いしたのも懐かしいです。この写真とか!

嫉妬とかじゃなくて、お互いを褒め合える関係って良いですね〜

新宿院の皆のことが大好きすぎて、休みの日も仕事に行きたいって思ってたんですよ。クリスマスとかお正月まで同期と過ごしていたほどです。

絶好調じゃないですか!

それが、1年と3ヶ月で変わっちゃったんですよ…。

え、どういうことですか?

新宿院に配属されて1年と3ヶ月が経った時、日にちも覚えてます、1月31日でした。突如主任に呼び出されて、何かと思ったら銀座院への異動のお知らせだったんです!!!

ガーン( ̄◇ ̄;)!最高の人間関係だったのに!

せっかく皮膚科で色々覚えたこともあったのに…大好きな新宿院の皆とも離れちゃうしどうしよう!って感じでした。でも、「銀座院は立ち上げの大事な時期で、占部さんみたいな明るいムードメーカが必要」と言ってもらえたんです。

確かに占部さんがいるとその場が明るくなります!

いずれ新宿院に戻れるということだったので、とりあえず行ってみるか!と行ってみたんですけど・・・まあ最初はうまくいかなかったです。

やはりイチから関係性を築くのは大変でしたか?

そうですね〜。銀座院に来た当初は「自分はただのヘルプ」という感覚だったので、クリニックの売り上げを意識するわけでもなく、よそから来た自分がどこまでやっていいのかな?という迷いがあったんです。慣れない環境のストレスからか、やたらご飯を食べちゃうんですよね。仕事が終わると仲良しの新宿院の人と飲みに行って、近所のバーで常連さんたちと夜中の3時まで飲んで、家に帰ってラーメン食べて、4時くらいに寝て仕事に行くという毎日を繰り返していていました。

ものすごい生活でしたね。睡眠時間も減っちゃって…。

自分のせいなんですけど、眠いしやる気もでないし、太ったから歩きづらいし、顔はパンパンだし。新宿院に遊びに行くたびに「どうしたの!?また大きくなった?」って心配されてました。実家の福岡に帰省すれば母親から「普通は上京したらあか抜けるものでしょうが」って呆れられるし・・・。

10キロ太っても可愛い占部さん

そんな状態からどうやって変わったんですか?

やっぱり、銀座院の人と深く関わるようになったのが大きいです。
銀座院と新宿院ってけっこう違いがあるんです。新宿院はとにかく大きいクリニックなので、色々なキャラの人が自由に振舞って成り立つ環境というか。銀座院は人数がそんなに多くないので、一人一人の発言にすごく影響力があるんです。その他大勢には絶対にならない環境なんです。

なるほど。

だから、私の声も皆にダイレクトに響きます。銀座院は美容を初めて日が経っていないので、クリニックの文化や雰囲気をつくる大事な時期なんです。その現場にいるってすごくやりがいがあるんですよね。看護師のミーティングを開催したり、面談をしているうちに銀座院の皆と深く関わるようになって、新宿院と違った面白さを感じるようになったんです。今の私は「銀座院をどこのクリニックよりも楽しい職場にする」という目標に向かって頑張ってます!

楽しい職場?

私がいた当時の新宿院みたいな「休みの日も一緒にいたいほど仲良しな職場」をイメージしてます。今の銀座院メンバーの仲はもちろん良いんですけど、更に上を目指したいんですよね。常にどうしたらもっと楽しくなるかな〜って考えてます。職場環境がつまらなかったら、生活全てがつまらなくなりません?逆に楽しければちょっと忙しくても後もう少し踏ん張ろう!って思えるので。銀座院はクリニックを良くしたい!という想いが強い人ばかりなので、良い感じです。ちなみにみんな写真大好きです(笑)

銀座院で頑張っていく覚悟が決まったんですね!

はい!今は銀座院のみんながとっても大事です!そう思って過ごしているうちに、10キロ太ったヤバさにも気づいたのでダイエット始めました(笑)もう7キロ落としたんですよ〜!理念研修の時に相川先生から「手帳に目標を書く大事さ」の話を聞いていたので、手帳の1番最初に「5キロ痩せる」って書いたんです。おかげで常にダイエットを意識できるようになって、食生活を変えたり、BBCというサプリを飲んでいったら見事目標を達成できたんです☆更に3キロ減量に向けて今も絶賛ダイエット中です!副主任の私が朝眠そうに出勤したら見本にならないので、バー通いも控えてるんです。

最近の占部さんの1枚。確かにホッソリしてます!

では最後に、占部さんの今後の目標と、湘南美容外科グループに入りたい方に向けてメッセージをお願いします!

銀座院に来て最初の1年はずっと新宿院に戻りたいと思っていた私ですが、今はこのクリニックの皆と成長していきたいと思ってます。業績も好調になってきたので忙しいですけど、売り上げ目標を達成した時の喜びをみんなに味わってほしいんです。ただ数字を追いかけてドライに働くのではなく、休みの日も会いたい!と思うくらい、お互いを大好きと思える環境にしたいです。楽しく働きたいと思っている人はぜひ、銀座院で最高の環境を一緒に作っていきましょう!

占部さんと一緒に働いたらめちゃくちゃ楽しそうですね!本日はありがとうございました!!

Pocket

Facebookページにいいね!をして
湘南美容外科求人メディア「Graine」の最新情報を受け取ろう

湘南美容外科グループでは看護師を募集しております。
会社説明会や院内見学会も随時行っておりますので、是非ご参加ください。

この記事のあとによく読まれています

同じコーナーの記事