病院の脳神経外科から湘南美容クリニックに転職した看護師。不安を吹き飛ばした心がけとは?|湘南美容クリニックグループ採用求人メディア「Graine」

MENU
graineトップ 職種で探す コーナーで探す 湘南美容クリニック採用求人サイトへ
面接のトリセツ 100院に向けたドクター採用 よくある質問

病院の脳神経外科から湘南美容クリニックに転職した看護師。不安を吹き飛ばした心がけとは?

PROFILE.
湘南美容クリニック町田院の看護師。2015年入社。趣味は海外旅行。

今回は、湘南美容クリニック町田院で看護師を勤める追掛さんにインタビューします。追掛さん、素敵な笑顔でイキイキされていて素敵です!

ありがとうございます!お陰様で毎日仕事に行くのが楽しいです。でも、入社当初は慣れない環境に苦労しました。お客様ともどんな会話をしていいか分からず、会話が続かなくて沈黙の時間が怖かったくらいです。

湘南美容クリニックSBC町田院の美人看護師追掛さんの写真

それは意外です。

SBCでは、朝礼で担当の人がSBCのバリューにまつわるエピソードをスピーチする時間があるのですが、担当の日は緊張しちゃって「声、小さいけど大丈夫?」ってみんなに心配されるくらいでした。
「美容医療」という全く未経験の業界で「本当に私はやっていけるんだろうか?」とか、新しい環境に転職したことで「うまく馴染めるかな?」などと不安で緊張してしまっていたんだと思います。

確かに、新しいことに挑戦するときってすごく不安ですよね。前職は何をされていたんですか?

前職は80代・90代のほぼ寝たきりで意識がない患者さんが多い脳神経外科で看護師をしていました。そのため、患者さんとのコミュニケーションの取り方もSBCとは大きく違ったんです。前職では、もちろん状態が少しでも良くなるようにいつも話しかけてはいましたが、返事は無いことがほとんどでした。

kyusyu2

前職時代の1枚。

なるほど。話しかけることはあっても、会話のキャッチボールはあまりなかったんですね。

そうなんです。なので、入社したての頃は「お客様とどんな話題でお話をすればいいんだろう?」と悩みました。美容クリニックなので美容の話をしたらいいのかなとも思ったのですが、未経験で入社した私にとってはまだまだ話せる知識が足りなかったので気が引けていたんです。
それを解決するために、先輩に相談して「お客様の素敵なところを、褒めることろからはじめてみるといいよ」と会話のコツを教えてもらったり、他のスタッフがお客様と会話しているところを見て「こんな風に話しているんだ」と勉強を続けました。

湘南美容クリニックSBC町田院の美人看護師追掛さんの写真

町田院内で開催された、看護師による勉強会

他のスタッフの対応を見ていると「レーザーを受けた時はお肌がこういう状態になるので、この化粧水がオススメですよ」「アフターケアはこうやってやるといいですよ」と肌に関する知識を用いてお客様と接しており、自分の接遇を見直す観点が増えてすごく勉強になりました。
看護師としてのスキルや知識だけでなく、「受付カウンセラーさんはこんなカウンセリングをしているんだ」とか「こんな商品の紹介の仕方は分かりやすいな」など看護師以外のスタッフの対応もできるだけ見るようにしていました。

湘南美容クリニックSBC町田院の美人看護師追掛さんの写真

そんな努力があったんですね。勉強熱心な追掛さん、かっこいいです!

ありがとうございます!でも、お客様と自然な会話を楽しめるようになった一番の理由は、町田院のみんなのおかげだと思っているんです。
教育担当の先輩からの支援も大きいですが、一番は緊張している私を受け入れて「はじめは不安だよね。でも、町田院のみんなでサポートするから何でも聞いてね」とフォローしてくれたことです。飲み会に誘ってくれたり、プライベートでも旅行に行くなどでもまるで家族のようなあったかい関わりをしてくれました。この前の冬には町田院メンバーで、スノボ旅行に行ったんです。

湘南美容クリニックSBC町田院の美人看護師追掛さんの写真

不安と緊張でガチガチになっていた私が、町田院のみんなと上手くコミュニケーションが取れるようになってきて「ありのままの私でいいんだ」って思えたことで自分がリラックスしている状態で働けるようになりました。そしたら、お客様の方からお声がけいただくことが増えたんですよ。

追掛さんがリラックスすることによって、雰囲気が話しかけやすくなったんでしょうか?

緊張していると、顔も強張りますよね。その様子はやっぱりお客様にも伝わるんです。一度担当させていただいたお客様から「また担当してください」って言っていただいた時はすごく嬉しかったです。

※湘南美容クリニックに指名制度はありませんが、ご希望のスタッフが出勤している日は対応させていただく場合がございます

湘南美容クリニックSBC町田院の美人看護師追掛さんの写真

追掛さんの話しやすい雰囲気は、追掛さん自身がお仕事を楽しまれているからなんですね。町田院ってみなさん本当に仲が良いですよね。

町田院のみんなには本当に感謝しています。ありのままの私を受け入れてくれて、相談にのってくれたり、飲みに行ったり、「そのまんまの追掛さんでいいんだよ」って本当に家族のような関わりをしてくれたから、今こうして自分らしく働けています。

お陰様で、今では「うるさい」ってみんなから言われるくらい打ち解けています。他にも「声がスピーカー」とか「お酒入るとめんどくさい」とか、声が低いので「いとうあさこ」とか…。

「声がスピーカー」ってすごいですね(笑)

そう言われるくらい自分らしくいられるのも、みんなが受け入れてくれたからなんです。自分でも、仕事中に笑顔になる瞬間が本当に増えたなって思います。

湘南美容クリニックSBC町田院の美人看護師追掛さんの写真

町田院院長名倉先生との1枚

素敵な職場ですね。美容クリニックの看護師としてのやりがいはどんなところに感じますか?

美容医療は効果が目に見えて分かるので、その時その時でどれだけ結果が出せるかが勝負だと思っています。
脂肪吸引だったら、術後にとった脂肪がぶらさがっているので、「こんなに取れたんですね!」って喜んでくれるんですよ。

ぶ、ぶらさがっているんですか?それはインパクトがありそうです!

みなさん、初めてお会いした時の表情とお帰りいただく時の表情が明らかに違うんですよ。効果を実感して、より自分に自信を持って明るくなっているお客様の笑顔の変化を、間近で見られるのがこの仕事の楽しいところであり、やりがいを感じるところです。

それは嬉しいですね。今後の目標はありますか?

今は、プリセプター(教育担当)と「ES係」という係の業務を与えていただいているので、その2つの役割を果たせるよう頑張っていきたいです。
プリセプターとしては、いま教えている子が一人前になっていけるようなサポートを全力でしていきたいですね。

湘南美容クリニックSBC町田院の美人看護師追掛さんの写真

もうひとつの「ES係」とはどのような係なのでしょうか?

ES(従業員満足度)をさらに高めていくための取り組みをする係です。「湘南美容クリニックの町田院で働いていて楽しい」って全員に思ってもらえるように、仕事にくるストレスをなるべく抱えないようなサポートをしていきたいと思っています。
まだ就任したばかりですが、私がそうだったように、幸せに働く秘訣ってありのままの自分で仕事を楽しむことだと思っています。それは、ESをあげるだけでなく結果的にお客様との会話が弾むようになったりしたので、本当に大切なことだと思っています。だから、まずは私自身が楽しく仕事をしている姿をみんなに見せていこうと心がけています。

ひとりひとりがありのままの自分のままで仕事を楽しめる職場にするためには、コミュニケーションが鍵だと思っています。

湘南美容クリニックSBC町田院の美人看護師追掛さんの写真

追掛さん自身も、自分らしく働けているのは町田院のみんなと信頼関係を築けたから、と仰っていましたもんね。

そうなんです。なので、緊張している後輩がいたら声をかけたり、リーダーが忙しそうだったら自分から積極的に声をかけてサポートしたり、そういうコミュニケーションを大事にしながら、みんなが仕事楽しいって思えるような環境づくりをしていこうと思っています。

追掛さん、ありがとうございました!

Pocket

Facebookページにいいね!をして
湘南美容クリニック求人メディア「Graine」の最新情報を受け取ろう

湘南美容クリニックグループでは看護師を募集しております。
会社説明会や院内見学会も随時行っておりますので、是非ご参加ください。

この記事のあとによく読まれています

同じコーナーの記事