「新卒で美容外科クリニックの看護師ってどうなの?」入社6ヶ月の現役看護師たちの生の声をレポート!|湘南美容外科グループ採用求人メディア「Graine」

MENU
graineトップ 職種で探す コーナーで探す 湘南美容外科求人サイトへ
面接のトリセツ 100院に向けたドクター採用 よくある質問

「新卒で美容外科クリニックの看護師ってどうなの?」入社6ヶ月の現役看護師たちの生の声をレポート!

美容外科クリニックで圧倒的に成長できる看護師の特徴

こんにちは!湘南美容外科グループの採用担当の沖本佳子(おっきー)です。
※写真の真ん中の段の1番右にいます!

あなたは「新卒で美容外科の看護師になるのが不安」と思ったことはありませんか?

「看護技術はちゃんと身につく?」「研修ってしっかりしてる?」「30、40代になっても働ける?」

そんな不安が邪魔をして、「やっぱり大学病院に最初は就職しようかなあ」と考えているかもしれません。

学生の方にとっては初めての就職。心配になるのはもちろんですが・・・

美容に興味があるのに、まわり道をするのはもったいない!(キッパリ)

「美容業界では看護師として成長できない」なんて昔の話。というより、あるタイプの人にとっては通用しない話だと思います。

そんな看護師のタイプを知るため、今回は※新入社員6ヶ月フォローアップ研修に潜入し、2016年4月に新卒で湘南美容外科グループに入職した看護師8名の参加者にお話を伺いました!

湘南美容外科SBCの看護師たち

新入社員6ヶ月フォローアップ研修とは、入職半年後に開催される看護師・受付カウンセラー合同の研修です。湘南美容外科グループの新入社員は、入社後・半年後・1年3ヶ月後にこうした全体での研修を受けることができるので未経験でも活躍できるのです。入社後すぐの研修の様子はこちらの記事をチェック!『Vol.3 新入社員研修「社会人研修」をすっぽんぽん!

新卒看護師たちが、入職半年間で苦労したことってなに?

まずは、新卒看護師たちのリアルを探ってみましょう!ということで、新入社員6ヶ月フォローアップ研修は、入職後の半年間を以下の3つの質問で振り返ることから始まりました。

①過去に苦労したことと、改善策を教えてください。
②今まで先輩から褒められたことを教えてください。
③現在、仕事でうまくいっていることを教えてください。

新卒看護師たちは入社半年で沢山の失敗をして、自ら解決策を考えて改善していっています。ここではその一例と対策をご紹介します。

・「オペの準備時や介助中に清潔と不潔の区別が曖昧だった」
対策:物品を触る前に清潔か不潔かを自分でまず考える。分からないままにするのではなく、先輩に確認してから触る。曖昧にしない。

・「オペの時、流れに集中しすぎて自分から声を出していなかった」
対策:まずはオペの流れを完璧に覚える。ドクターの行動を予想して行動する。ドクターがお客様から離れている時や、刃物を持っていないタイミングで積極的に声掛けをする。

・「オペの準備が遅かった」
対策:身体で覚えるくらい反復する。オペ室への移動時間で必要物品を用意する。タイムを測ってもらう。

・「薬についての知識不足」
対策:知らない薬はその日のうちに調べる。分からないことをまとめる薬ノートを作る。

・「報告、連絡、相談が上手くできなかった」
対策:お客様の命やクリニックの信用に関わる恐れがあると常に意識する。足りない情報は自分でとりにいく。先輩がどんな風に連携しているかを観察する。

・「何でもすぐに聞いてしまい、自分の頭で考えていなかった」
対策:薬の本、自分のメモ、マニュアルなどを使って自分で調べ尽くしたあとで質問する。質問時に根拠を持って聞けるようにする。「〜と考えたので、〇〇しようと思うのですが、どうでしょうか?」と聞く。「どうしたら良いですか?」は成長しない。

・「お客様に対して敬語がうまく使えなかった」
対策:先輩の接客を真似る。マナーの本を読む。研修で学んだことを復習する。

kangosi_02

いかがでしょう?
美容外科の看護師ならではのものから新入社員ならどこの会社でもありそうな失敗など様々ですね。湘南美容外科クリニックにいらっしゃるのは患者さんではなく、お客様なので丁寧な接客は必須です。社会人としてのマナーを身につけることができるのは美容外科クリニックに勤務する大きな魅力ですね。

kensyu_16

こちらは全国にたった30名程度しかいないエグゼクティブカウンセラーの皆さんです。おもてなしのプロフェッショナルの彼女たちからどこに出しても恥ずかしくない一流の接遇を学ぶことができます。

美容外科クリニックでは、脂肪吸引やプラセンタ注射など、看護学校では習わなかった施術を覚える必要があり、オペ室の作りも大学病院などとは異なるため最初は戸惑うこともあるかもしれません。

ですが、「入職後1ヶ月間、トレーナさんに基礎看護の研修をじっくりしてもらったのがかなり役に立った」という意見も目立ちました。クリニックに配属されてからは、先輩看護師に実践で教えてもらうことが多くなります。

先輩看護師やプリセプターからの指導と、※131,000件以上の豊富な症例と実績があるからこそ美容分野が未経験でも活躍することができます。ここで重要になるのが職場での人間関係ですよね。(※2016年7月現在)

クリニック内の人間関係って?先輩は怖い?

プリセプターとの関係性を話してくれた看護師さんの声がコチラです。

オペの経験や技術が無かった私が成長できたのはプリセプターの先輩のおかげです。一つ一つの仕事をすごく丁寧にこなす方で、イチから教えていただきました。最初は「こんなに覚えられるのかな」ってくらい学ぶことがありましたが、腹をくくってやってみると意外とできるんですよね。もちろんすぐに完璧に何でもできるようになるわけではないけど、オペ中に間違っちゃったとしても「こうしてくれた方がいいので、次はこうしてね〜」と先生も先輩も優しかったです。

松永真佳(湘南メディカルクリニック新宿院 看護師)
オペ経験が少なくても美容外科に転職できる?スーパー緊張体質の新人看護師に聞いてみました

また、クリニックの人間関係についてはインスタグラムをチェックしてみるのもオススメです。

就職先の選択は人間関係が大事な要素なので、じっくり考えて選ぶことをお勧めします。湘南美容外科クリニックの雰囲気が自分と合うのか、自分が目指していきたい世界なのか、仲良くしていきたいと思える人たちなのか。私たちのインスタグラムがそういったものを見極める手助けになると嬉しいな。私は湘南美容外科グループに入職して今年で11年目になりますが、仕事は条件で選ぶより人で選ばないと長く働けないものだと実感してます。

齋藤裕子(横浜院 看護師)
美容外科歴11年のお母さん看護師が教える自分に合った転職先の探し方。秘訣はインスタグラム!?

今まで褒められたことを教えてください」への回答からも、職場での人間関係が垣間見えるのではないでしょうか。

・「消毒が早くなったね」「綺麗にドレーピングできたね」と褒めてもらえた
・「いつもニコニコしている」と言われて、クリニック内で表彰してもらった
・オペの器械出しがスムーズにできた
・レーザー脱毛が所定の時間内よりも早く終ることができた
・「顔つきが良く変わってきた」と主任さんに褒められた
・「器用で飲み込みが早い」と言われた
・少しでも空いている時間があれば自分から進んで仕事を探していたこと

番外編ですが、先輩からだけではなく、お客様に褒めてもらったこともあるようです。

・「看護師さんがいてくれたおかげで施術中に安心できた」と言ってもらえた
・「あなたと話していると楽しい」と言ってもらえた
・アンケートで有り難い言葉を書いていただいた

kangosi_09

半年間でどんな風に成長した?

いかがでしょう?半年の間には苦労したことも、嬉しかったことも沢山あったようですね。では、様々なことを経験した新卒看護師たちが「現在、仕事でうまくいっていること」をご紹介します。

・同期と協力して研修を乗り越える
・プリセプター、先輩看護師、受付カウンセラー、ドクターときちんとコミュニケーションがとれている
・毎日の目標を意識して行動する
・分からないことを先輩に素直に聞いて、業務の向上に繋げる
・レーザー脱毛の時間内照射
・施術に入れるオペが増えている
・外科だけでなく、皮膚科の領域もどんどん教えてもらえている
・笑顔で働けている
・お客様の変化に気づけるようになってきた

kangosi_04

半年間でみなさんドンドン成長しています。

振り返りの最後に、ご自身も受付カウンセラーの経験があり、現在はエリア統括マネージャーとして活躍する市川亜矢さんからこんなコメントがありました。
成長する看護師は何が違うのか?という大きなヒントがありますので、よーく読んでくださいね♥

kangosi_05

市川さん:「皆さん、注意された記憶が強く残っているかもしれませんが、叱られているうちが花って本当なんです。もうね、湘南美容外科歴11年の私のことは誰も怒らない(笑)そうなってくると自分で気づいて自分で改善するしかないじゃないですか。これは本当に難しい。叱られて悲しくなっても良いんです。全部学び。『こういう失敗をしてしまったので、こうカバーしようと思います。申し訳ありません!』って言えば、先輩もやるじゃん!って見直しますから心がけてみてくださいね」

以上3つの質問で半年間を振り返った後は、新入社員6ヶ月フォローアップ研修の後半戦がスタートします。

それでも心が折れそうな時はどうするの?

後半はゲームを使ったワークショップが中心に行われました。

数字を伝言してタイムを競う「達成ゲーム」で、自分たちで設定した目標をどうすれば達成できるかを試行錯誤する力を学んだり、

kangosi_13

複数人でのコンセンサスを得る難しさと重要性を学ぶゲームを行って同期同士の絆を深めたり。

kangosi_08

湘南美容外科グループの研修には周囲と協力して達成を目指すワークが多く含まれています。
それは大きな目標を達成するためには協力が不可欠だから!という理由の他に、大変な時ほど仲間と助け合ってほしいからという理由もあります。

実際に、研修を受けた参加者からはこんな感想がありました。

「こういう研修が全国の同期に会える機会になるのですごく嬉しいです。辛いことがあってもまた頑張ろうと思えます」

どんな仕事でも続けていれば「もうやだな」とか「心折れるわ」なんて瞬間は出てきます。そんな時に頼りになるのが一緒に頑張る同期の存在!定期的に開かれる全体研修での同期との触れ合いがモチベーションアップにつながっているようです。

ゲーム後は今後の目標やビジョンを各自で設定し、新入社員6ヶ月フォローアップ研修は終了しました。

「美容業界では看護師として成長できない」の嘘

いかがでしたでしょうか?
新卒で美容外科の看護師を考えているあなたの不安が少しでも無くなれば嬉しいです。

冒頭で、「美容外科クリニックでどんどん活躍できる看護師ってどんなタイプ?」という話をしました。

それはやっぱり、好きなことで成長したい!と強く思える情熱を持てる人なんです。

「大学病院だから」「美容外科クリニックだから」と環境に就職の理由を求めるのではなく、どんな状況でも、会社や社会がどんな風に変化しようとも、「私はどこでもやっていけるから大丈夫!」と言える人材になってほしいと思います。

そして、私たちはそんなやる気のあるあなたの成長意欲を全力でサポートします。なぜなら湘南美容外科グループは「究極の三方良しを実現する」ことを目指しているから。詳しく読んでいただければ分かりますが、この理念はスタッフの成長無くして実現は有りえません。私たちは働く個人の成長に全力で注力します。

医療の専門知識だけではなく、どうしたら充実した人生を過ごせるのか?会社に寄りかかることなく、会社と成長していける人になれるのか?湘南美容外科グループだからこそ学べることが沢山あるという自負があります。

新卒看護師たちはどうして湘南美容外科グループを選んだのでしょうか?1番多かったのがこの答えです。

「好きなことを仕事にしたかったから」

ご両親に反対されながらも、好きなことをやりたいという意志を貫いて入社した横浜院の看護師のコメントがこちらです。

watanabe_03

本音を言えば、看護学科での実習をあまり楽しめなかったんですよ。様々な科を回ったので各科の魅力ももちろん分かるのですが、自分が働く未来を想像した時にワクワク働いているイメージが湧きませんでした。今後看護師として長く働いていくなら「楽しい」と心から思える分野でスキルアップしたいと思ったんです。

渡邉ひとみ 2013年入職
新卒で美容外科看護師ってアリですか?大学病院と悩む看護女子大生へのメッセージ。

大学病院でも美容外科クリニックでも大変なことや嬉しいことはあります。条件の良し悪しではなく、皆さんのワクワクする未来はどちらでしょうか。

新卒看護師たちはも入職前は悩みました。今も不安になることはあるかもしれませんが、好きな分野で頑張って成長しています。

「まずは一通り病院で学んだ方が良いのでは?」と不安な方へ、以下は新卒看護師たちからの答えです。

・自分もそこで悩んだので、すごくよく分かる
・技術的なことは、自分次第でけっこう学べる
・疾患についての知識は少ないかもしれないが、点滴も打てるくらい成長した
・一度病院で学んでも良いけど、湘南美容外科クリニックはプリセプター制度がしっかりしているので、いきなり新卒で入っても大丈夫だと思う
・病院は〇〇科と専門になるけど、クリニックには色々な科を経験した先輩たちがいるのでかえって包括的に学ぶことができて楽しい
・美容外科から病棟に戻ることもできるから、一回挑戦してみるといいかも
・美容に興味があるなら、湘南美容外科がどこのクリニックよりおすすめ!

ぜひ、湘南美容外科クリニックの看護師を検討してみてはいかがでしょうか?

kangosi_01

※こちらは内定者へのウェルカム動画を撮影しているときの写真です。致命的なミスがあるのですが分かりますか?(笑)

Pocket

Facebookページにいいね!をして
湘南美容外科求人メディア「Graine」の最新情報を受け取ろう

湘南美容外科グループでは看護師を募集しております。
会社説明会や院内見学会も随時行っておりますので、是非ご参加ください。

この記事のあとによく読まれています

同じコーナーの記事