人事が変われば会社が変わる!湘南美容外科を業界日本一に押し上げた”情熱系”人事とは???|湘南美容外科グループ採用求人メディア「Graine」

MENU
graineトップ 職種で探す コーナーで探す 湘南美容外科求人サイトへ
面接のトリセツ 100院に向けたドクター採用 よくある質問

人事が変われば会社が変わる!湘南美容外科を業界日本一に押し上げた”情熱系”人事とは???

湘南美容外科(SBC)の人事三宅さんの笑顔写真
PROFILE.
三宅祐樹(みやけ・ゆうき)。2012年10月湘南美容外科に入職。人事部人事企画に所属。趣味はワイワイお酒を飲むこと、自炊(特にタイ料理)、ゴルフやDJ。

今回インタビューするのは人事部で人事企画の仕事をしている三宅祐樹さんです。

え、これって採用サイトのインタビューですよね?ドクターやナースの採用ももちろんなんですが、僕の仲間も採用してください!

え?人事企画って人手不足なんですか?

今のところ僕しかいないです。

それは・・・少数精鋭なんですね(笑)

湘南美容外科(以下SBC)に入社してから赤くなくても3倍速くらいで仕事をできるようになりましたが、それでも実現したい未来を考えれば全然時間が足りません!
一緒に走ってくれる仲間が必要なんです!

湘南美容外科人事企画の三宅祐樹さんの走っている写真

なるほど!では三宅さんの仲間を募集するためにも、いろいろ伺っていきますね!!!

何でも聞いてください!

三宅さんは今まで様々な企画を行ってきたやり手の人事だと伺いました!
確かにとっても仕事がデキる雰囲気が漂ってます!!!

ありがとうございます。おかげさまで入社してから多くの企画をやらせていただいています。でもSBCに入る前から何でも挑戦するというタイプじゃなかったんですよ。むしろ、自分の好きなこと以外にはパワーが出ないダメ社員でした。なので、上司から自分のやり方にダメ出しされるたびに、くそぉ〜って泣いていました(笑)

どういうことですか?

僕は新卒で人材系の会社に入社して、研修の企画提案営業を行っていたのですが、2年目で壁にぶつかってしまったんです。営業のサポートや売り上げ管理、研修資料を作成する仕事の方が適任と判断され、新規開拓の営業部隊から外されて、裏方にまわる仕事をしていました。自分がやりたいことができないジレンマから仕事に対する情熱が薄くなってしまったんです。

湘南美容外科の人事企画三宅祐樹さんの困り顔

それは辛いですね。

上司から「君はまだ新卒2年目だから納得のいかない仕事を続けるより、新しいことに挑戦した方がいいかもしれない」と指摘され、転職を考えるようになったんです。

人事がやりたくてSBCに入社したんですか?

いえ、自分に何ができるか分からず落ち込んでいた時期だったので、ますは信頼できる人に相談しました。するとその方が面白い会社があると紹介してくれたんです。

その面白い会社がSBCだったんですね!

当時の僕はSBCが美容の会社ということも知らず、色々な会社を見て視野を広げたいと思って選考に参加することにしました。でも、その選考が僕の想像を遥かに超えてぶっとんだものだったんです。

どうぶっ飛んでいたんですか?

面接で「カイパン持参」と指示されたんです。

カイパン、ってあの海パンですか?

意味が分からないですよね。どういうことですか!?と担当の方に聞いても「いや、僕も分からない」と言われるだけで・・・とりあえず、持って行きましたよ、海パン。面接だから一応筆記用具も持参しました。

一体どんな面接だったんですか?

朝9時に六本木に集合して、用意されていた車に乗り込んだら相川院長と他の求職者の方がいたんです。1時間くらい移動して着いた場所は、なんとヘリポートでした。

湘南美容外科の人事企画三宅祐樹さんのヘリコプターとのツーショット

ヘリポートですか!?

さらに驚くことに相川院長が操縦席に座るんですよ。

湘南美容外科の相川院長がヘリコプターを操縦している写真

もうポカーンです。

湘南美容外科の人事企画三宅祐樹さんのヘリコプターに乗っている時の笑顔

その割に満面の笑みで楽しそうですね(笑)

気持ちよかったです。ヘリが島に着陸すると、そこにはモーターボートやジェットスキーがあって、院長が「よし、みんなで競争しよう」と言いだしたんです。

話についていけません(笑)

でも、面白いんですよ。他の方々は遠慮がちでしたが僕は「競争楽しいですね!!!」って。

三宅さんもぶっ飛んできましたね。

その後は相川院長とご飯を食べて、理念や未来についての話をしました。熱が入ってきた院長は「僕はSBCを世界一の伝説のクリニックにしたいんだ」と確信した未来かのように熱く語るんです。「お客様も社員も社会もみんなが幸せになる三方良しを実現させるためには、どうしたらいいと思う?」そんな風に熱く語っていたと思ったら、「この後に仕事があるから、またね」って帰っちゃったんです。

え、9時に集合して3時間くらいしか経っていないですよね?

このスピード感すごい・・・って心から思いました(笑)
遊びも仕事も全力かつ自分でやりたいようにやっているんだなあって。こんなにスケールが大きくてスピード感が半端ない人なら「世界一のクリニックにする」という理想も本当に実現させるんだろうと納得してしまいました。

そこからSBCに入ろうと思ったのは何故ですか???

後日、個別でお食事に誘っていただいた時にじっくりお話することができました。未来のビジョンを教えていただき、「もし良かったら一緒に働かないか?」と言ってもらえたんです。

湘南美容外科SBSメディカルグループのビジョン(将来像)

それで即決okですか?

いえ、他社の選考もあったので揺れました。転職エージェントの方からは「美容業界という狭い世界で人事をやるなんて、本当に成長したいと思っているのか」という辛口な意見も頂きました。

それでもSBCに決めた理由はなんだったのですか?

「あなたを認め、求めてくれている会社があるなら、何故それを選ばないの?」という母の一言です。僕は当時、営業として成果が出せない自分に落ち込んでいました。そんな自分を求めてくれる会社なら、何でもやろう!と覚悟が決まったんです。

なるほど。三宅さんはとても変わった経緯でSBCに入社されたんですね。

さすがに今ではこんな奇抜な採用方法は行っていないですよ(笑)
でも、「楽しく遊べる人と一緒に仕事をしたい」という相川院長の精神は受け継がれているので、人事もプライベートで遊ぶくらい仲の良い人ばかりです。

湘南美容外科の人事企画三宅祐樹さんと人事部の仲間のプライベート旅行写真

SBCに入社してから仕事は順調に進んだんですか?

いえ、熱意はあったのですが、人事の知識なんて全くないので大変でした。人事はエクセルを使いこなせないといけないと小耳に挟むと、一生懸命勉強して結局空回りに終わったり(笑)

何だか今の三宅さんからは想像できないですね。

SBCって新しいことを始めることに何の抵抗も示さない会社なんですよ。しかも、その取り組みを未経験者にどんどん任せるんです。

どういうことでしょう?

例えば、僕は新人の頃に札幌でドクターを採用する仕事を任されました。でも、まずどうやったら人が集まるのか、どこにドクターがいるのかも分からない。色々な人にヒアリングをした結果、ポスターを貼れば効果的ということが分かりました。でも、どこに貼ればいいのか?どんなカリキュラムを載せればドクターに響くのか?そもそもこの採用はどんなコンセプトなのか?本当に何も分からないので、周囲に相談したり、自分で勉強したりして、採用広告という分野に初めて関わったんです。

初めての取り組みで失敗などは怖くなかったのでしょうか?

失敗しましたよ。採用のポスターを作成している時にキャッチーなコピーを載せるべきというアドバイスを貰ったのですが、無知な僕は「保険診療に未来はない!」って書いたんです。

うわ!攻めましたね!!!

「だから自由診療を行うSBCに来てね」という採用コンセプトのつもりでした。ウェブページも準備し、ポスターを貼って楽しみに応募を待っていました。すると、届いたのは物凄い量のクレームだったんです (笑)

それはそうですよね(笑)今だったら炎上ですね・・・

若かったです (笑)

失敗して落ち込んだりは?

なんだかんだ楽しかったんですよ。入社してから本当に色々な経験をさせてもらいました。「何かあったら責任は俺がとるから好きなようにやってみろ」と背中を押してくれる心の広い上司ばかりで、みんな僕の失敗を受け入れてくれて、応援してくれる環境なんです。無茶振りも多いし、未知の環境にポイッて放り込まれますけど、相談できる相手は院長も含め、常に周りにいるので心細くなかったです。

湘南美容外科の人事企画三宅祐樹さんと同僚のツーショット

三宅さんが思う一番の無茶振り経験は何でしたか?

人事制度の立ち上げですね。あれはかなりキツかった。ゼロから一を作る仕事で、毎日モヤモヤしていました。

どういうことでしょう?

この場で語ると長くなるので、近日公開予定の「人事の裏側すっぽんぽん」で思いをぶつけました!そちらが公開されたら読んでいただけると僕のモヤモヤが伝わると思います(笑)

楽しみに待っています!では、SBCの人事の仕事はどんなものなのでしょうか?

基本的なことは他社の人事と変わりませんよ。でも、基準がものすごく高いです。

基準ですか?

美容業界は新しい技術が導入されたり、規制が変わったり、日々変化が生じる目まぐるしい世界です。とりわけ、SBCは世界一のクリニックを目指しているので、業界の最先端を走らなければいけません。そんな会社で人事を担当するとはどういうことなのか。僕たちが人事制度のお手本にすべき会社はもはや美容業界の中にはありません。SBCがどれだけレベルの高い世界で戦っているかご存じない方は多いと思いますが、凄まじいですよ。

そんなトップレベルの人事の仕事の面白さはなんなのでしょう?

一番の魅力は、今まで体験したことのない仕事ができることです。

未知の領域への挑戦ですか。

人事の仕事の領域は良い意味でも悪い意味でもあいまいです。これは採用チームの仕事?教育チーム?という戸惑いがよくあります。しかし、大きな視点で見れば多くのことが人事の領域です。率先して参加しなければ、相川院長の人事に対する信頼が落ちてしまいます。新しい取り組みに自分から首を突っ込んでいく姿勢が問われる仕事なんだと思います。

例えばどんなことですか?

SBCは2015年から両国院の立ち上げを行っています。その現場に人事部長である目黒さんという方が呼ばれるのは当然です。でも、一応僕も休みの間に本を読んだり情報を集めたりして勉強しておくんです。お呼びがかかってから準備したのでは間に合いません。仕事を振られた瞬間に、「目黒さん、この先こういった問題が生じます。僕はこう思いますが、目黒さんはどう思いますか?」と提案できなければ、ものすごいスピードで成長していくSBCに付いていけません。

湘南美容外科の人事企画三宅祐樹さんと人事部長の目黒さんのツーショット

こちらが人事部長の目黒さん。包容力の広さから「パパ」と呼ばれ親しまれています。

三宅さんはとても勉強熱心な方だと思うのですが、モチベーションはどこから湧くのでしょう?

僕は志の高い会社で働いているという自負がものすごくあるんです。SBCは必ず世界一のクリニックになります。その会社を支える僕たちは世界一の人事にならないといけません。僕はよく人事セミナーに参加するのですが、会社に対する思い入れは桁違いに僕の方が他社の人事に比べて強いと思っています。

なぜそこまで思い入れが深くなったのでしょうか?

責任ある仕事を任せてくれたからです。失敗しても受け入れてもらって、重要な仕事をこなすうちに自分がもっとしっかりしないとダメだ!という意識が芽生えました。

三宅さんの理想に対して、現在の満足度はどのくらいですか?

まだまだ10%くらいです。

先は長いんですね!

最近、人事ってなんだろう?とよく考えます。昔の僕なら「経営陣の意向を最適なかたちで実現する役割が人事」と考えていました。でも、現場のスタッフと会議や面談で話をするうちにそれだけでは不十分だと気付きました。

湘南美容外科の人事企画三宅祐樹さんの会議中写真

何が足りないのでしょう?

僕たちは「人事は経営と現場のコミュニケーションパートナーである」と考えています。相川院長の理念を一方的に伝えるだけではなく、現場の意見を吸い上げてうまく伝えることが必要なんです。

湘南美容外科の人事企画三宅祐樹さんと女性スタッフが話している写真

経営と現場、二つの間でバランス感が問われる仕事ですね。

だからこそ勉強が必要です。現場を知って、経営の考え方を理解して、人事の専門性を身につけなければ責任と影響力が持てません。

学ぶことは本当に沢山あるんですね!

自分から学ぶ姿勢はかなり大事です。僕も自腹をきって休日にセミナーに参加したり、激務の間を縫って週に1冊は本を読んで知識を深めるよう努力しています。人事は本当に奥深い仕事ですよ。高い理想に向けて自分たちの目指すものを作るのがとても楽しいです。

湘南美容外科の人事企画三宅祐樹さんの仕事中の横顔

三宅さん、生き生きしていますね!

未だに「美容外科って人事があるんですか?」と聞いてくる人もいるんです。いやいや、何を言っているんだと。「美容業界」という言葉の先入観に騙されて、SBCという会社の本質や素晴らしさを見落とすのはとてももったいないことです。SBCには院長の高い志に共鳴した腕利きの人材が集まっています。どれだけ凄いことをやっている会社なのか、正しく理解して感じてほしいと思います。

三宅さんのSBCに対する情熱が伝わってきます!

この情熱が伝わった方は、ぜひ一緒に働きましょう!

湘南美容外科の人事企画三宅祐樹さんと相川院長のツーショット

相川院長とのツーショットが素敵ですね!三宅さん、ありがとうございました!

人事企画の仕事に興味のある方はコチラから応募できます!
情熱系人事企画に応募はWantedlyからもできます!

Pocket

Facebookページにいいね!をして
湘南美容外科求人メディア「Graine」の最新情報を受け取ろう

湘南美容外科グループでは様々な職種の採用を積極的に行っています。
詳しくは職種の情報や募集要項をご覧ください。

この記事のあとによく読まれています

同じコーナーの記事