病院の看護助手と美容クリニックの決定的な違いとは?|湘南美容クリニックグループ採用求人メディア「Graine」

MENU
graineトップ 職種で探す コーナーで探す 湘南美容クリニック求人サイトへ
面接のトリセツ 100院に向けたドクター採用 よくある質問

病院の看護助手と美容クリニックの決定的な違いとは?

PROFILE.
下村淳子(しもむら じゅんこ)。湘南美容クリニック横浜院所属の看護助手(エイド)。2014年7月に病院の看護助手から転職。趣味はスパに行くこと。冬はスノボ、夏はシュノーケリングとスポーツ好き。(取材:2017年6月19日)

下村さんはSBCメディカルグループに転職される前は何の仕事をしてらしたんですか?

病院で看護助手(エイド)を3年ほどやっていました。その経験を活かせるかなと思ってSBCメディカルグループに転職したのですが、最初は美容外科クリニックと病院の違いに戸惑いましたね。

美容外科の看護助手(エイド)と病院の看護助手(エイド)は何が違うんですか?

一番の違いは、「患者さん」が「お客様」に変わったことです。病院では着替えの手伝いやお食事の介助など患者さんのお世話をすることがメインの仕事でしたが、今は「綺麗になりたい」「コンプレックスを解消したい」と願うお客様たちの施術がスムーズにいくように医師や看護師たちのサポートをすることが仕事です。来院される動機が全く異なるので、雰囲気もガラッと変わったように思います。

横浜院はいつもお客様で溢れていて、スタッフの皆さんがチームワーク良く連携している印象です!

そうですね!有り難いことに毎日たくさんのお客様がいらっしゃるので、私たち看護助手(エイド)も狭い滅菌室を動き回っていますよ〜。

狭い滅菌室(笑)

狭いおかげでで看護助手(エイド)同士の仲はすぐに良くなりました(笑)女子会を個室でやるみたいに、少し狭い部屋に女性が3〜4人でいると仕事についてのちょっとした話でも盛り上がるんですよね。

分かります!仕事も楽しくなりますね。

仕事中、他の人は何をやっているのかが把握できると業務もスムーズに進みます。看護助手(エイド)の仕事は、朝は施術に使用する物品のセットづくり、1時間ごとにパウダールームの掃除、手術の準備や物品の引き上げに掃除、と決まったものもあるんですけど、それ以外にインカム要請が1日に何度も入るんです。

インカム要請?

「点滴を人肌程度に温めてもってきてください」や「酸素を取り替えてください」など様々な指示がとんできます。細かい仕事はキリがないので、看護助手(エイド)間での連携が本当に重要なんです。

なるほど。人間関係が仕事の効率に影響を与えるわけですね。

人間関係が良くないと仕事って続かないと思います。私が横浜院を良いなと思うのは、スタッフ間の距離感なんです。ベタベタ仲良くするんじゃなくて、メリハリがついて切磋琢磨し合える仲の良さなんです。

切磋琢磨ですか?

私たち、けっこう思ったことはハッキリ伝え合うんです。例えば、物品の洗い方が甘かったら誰が洗ったのかを確認して、改善するように伝え合います。セットした物品数が足りなかったとしたら、担当者に指摘します。きちんとした人間関係ができていないと、仲良しの人のミスを指摘することって気が引けると思うんですけど、SBCメディカルグループは安全対策に関する意識が高く、私たちも医療行為の現場にいると自覚して関係性を築いてきたので変な遠慮が無いんです。私が転職した頃から、横浜院にはそういう雰囲気があったので「ちゃんとした職場だな」って安心しました。

なるほど〜!転職して良かったと感じるのはどんな部分ですか?

業務改善を現場主導で進めることができるので、やりがいが増えたと思います。この前は看護助手(エイド)の間でリーダー制度を導入しました。

リーダー制度?

4名いる看護助手(エイド)の中から日替わりでリーダーをたてるんです。リーダーがその日施術で使用する物品を把握し、仕事が溜まらないように人を動かしていくんです。この制度になってから効率がすごく上がりました。

以前は物品が紛失するトラブルが発生していたのですが、物品管理票を作成してリーダーが物品の出入りを逐一チェックするようにしたんです。「もっと効率の良い方法ってないかな」と滅菌室で話したら、改善策をスピード感を持ってすぐに実行できるので、面白いです。

現場スタッフの裁量が大きいのはとても良いことですね。やりがいが増えるのも分かる気がします。

今は看護助手(エイド)から1人、司令室で看護師さんのお手伝いをする役割をつくろうと思っているんです。お客様のご案内を私たちも行うことで受付カウンセラーさんや看護師さんの負担を減らしてもっとたくさんのお客様が待ち時間無くご利用いただけるように改善しようと思っています。

日々の仕事をこなすだけではなく、体制などにも積極的に関わるとどんどん職場が好きになりますよね。

横浜院では毎月の※ノミニケーション(飲み+コミュニケーションの略。各クリニックで毎月行われている)の他に、夏は浴衣で屋形船やバーベキュー、ボウリング大会など楽しいイベントが盛り沢山なんです。業務を離れた場で様々なスタッフさんと触れ合って仲良くなると、「この人たちをもっとサポートしたい!」と仕事のモチベーションも上がります。

横の繋がりがしっかりあると視野も広がりますね。では、最後に下村さんの今後の目標を教えていただけますか?

指示されなくても先回りして行動できる看護助手(エイド)になることです。「下村さん、さすが分かってる〜!」と褒めていただくことが増えるように頑張ります!

なるほど!下村さん、本日は貴重はお話をありがとうございました!

Pocket

Facebookページにいいね!をして
湘南美容クリニック求人メディア「Graine」の最新情報を受け取ろう

湘南美容クリニックグループでは様々な職種の採用を積極的に行っています。
詳しくは職種の情報や募集要項をご覧ください。

この記事のあとによく読まれています

同じコーナーの記事