美容業界の事務に転職した元アパレル販売員。ルーティンじゃない仕事の魅力とは|湘南美容クリニックグループ採用求人メディア「Graine」

MENU
graineトップ 職種で探す コーナーで探す 湘南美容クリニック採用求人サイトへ
面接のトリセツ 100院に向けたドクター採用 よくある質問

美容業界の事務に転職した元アパレル販売員。ルーティンじゃない仕事の魅力とは

PROFILE.
五十嵐里奈(いがらし りな)。湘南美容クリニック横浜院所属のクリニックバックオフィス(事務スタッフ)。2015年9月にアパレルの販売員から転職。趣味はカラオケ。(取材:2017年6月19日)

五十嵐さんが務めるクリニックバックオフィス(事務スタッフ)ってどんな仕事内容なんですか?

クリニックバックオフィス(事務スタッフ)は、クリニックで働く医師、看護師、受付カウンセラーの皆さんが効率よく業務を進められるよう、事務作業を中心としたサポート業務を行います。お客様のカルテ準備や書類作成、経費精算といった一般的な事務の業務内容の他に、施術のモニター募集のページ作成やチラシやポスター等の掲示物の作成などクリエイティブなお仕事があるのが特徴で、私もそこに惹かれて入社しました。

モニター募集ページ作成って美容クリニックの事務ならではのお仕事ですね。

そうですね。パワーポイントや専用のソフトを使用して、どうすれば成果の出るページやチラシになるかを考えるのは楽しいです。

五十嵐さんはクリエイティブ系のお仕事をやっていらしたんですか?

いいえ、SBCメディカルグループに転職する前はアパレルショップの販売スタッフをしていました。

全く違う職種、業界からの転職だったんですね。

あ、でも前職でも事務のお仕事はしていたんです。顧客管理やセールイベントの計画、在庫管理といった裏方の仕事を任せていただいていました。

それで事務の仕事に興味を持ち始めたんですか?

あるとき、売り出したいワンピースが中々売れずに在庫が溜まってしまったことがあって、販売スタッフと話し合って配置やコーディネートを変えて店頭に置いてみたんです。すると、アイデアが受けたのかいきなり売れだしたことがありました。販売スタッフとしてお客様と接するのも楽しかったのですが、裏方でみんなを支える仕事も面白くて、自分に向いているかもしれないと思って事務職に転職を考えたんです。

なるほど〜!実際に働いてみていかがですか?

色々な業務があるので日々が目まぐるしく過ぎて楽しいです。事務職だからといって椅子にずっと座っているわけではなく、横浜院院長の竹田先生が脂肪吸引中の写真を撮って竹田先生のインスタグラムにアップしたり、意外と動きます。

仕事はたくさんあるんですね。

今はだいぶ慣れましたけど、最初はルーティン業務と、その場その場で頼まれる業務の優先順位がうまくつけられず、仕事がいつまでたっても終わらなくて大変でした。先輩たちに教わりながら一つ一つ仕事を覚えていきました。

どんな仕事でも慣れるまでは苦労しますよね。今までで、特に印象に残っている仕事ってありますか?

脂肪吸引のモニターページ作成です。当時は「脂肪吸引をどんどんお勧めしてきたい!」という流れがあって、もっと多くのお客様に知っていただけるようにモニターを募集しようという話になったんです。

そこで、五十嵐さんにモニター募集ページ作成の依頼が来たというわけですね!

モニターページって特にテンプレが無いので、どんなデザインにするか、どんな文章を載せるかなど全て自分で決めることができるんです。とてもやりがいのある案件だったのですが、私は実際にお客様にカウンセリングしたこともありませんし、どうすれば響くページができるのか分からなくて困っていました。

責任重大ですもんね。

すると当時のエリアマネージャーの先輩が「とにかくお客様が見て分かりやすいことを意識して!お客様視点になったら載せるべき情報の優先順位が見えてくるはずだよ」とアドバイスをくださったんです。

単純に、「安く施術を受けられますよ」とアピールするのではなく?

お客様に信頼していただけるよう竹田先生の症例数や実績を載せたり、仕上がりがすごく綺麗といった口コミを載せて安心感を持っていただくようにしたり、色々工夫しました。エリアマネージャーさんにヒアリングして竹田先生が他の先生と違うところを調べたり、他院の効果が出ているモニターページを研究したりして、試行錯誤を繰り返していったんです。1つの答えがあるわけではないので大変でしたが、エリアマネージャーさんの力を借りて、妥協せず作り込んでいきました。すると・・・

すると!?

竹田先生の脂肪吸引のモニターページが全国の脂肪吸引で5位にランクインしたんです。

こちらが実際に五十嵐さんが作成したモニターページです。全体像はこちらから→脂肪吸引のモニター募集について

全国で5位ですか!?すごい!\(^o^)/

エリアマネージャーさんが「良かったね!」と喜んでくれたのが嬉しかったです。「これからもページ作成よろしくね!」と言ってもらえて頑張ったかいがあるな〜って思いました。

それは嬉しいですね。

一般的に事務って、自分のやった仕事が何に繋がるのかが見えにくい職種だと思うんですよね。必要書類を一生懸命に作成しても、業績が伸びたり、お客様を笑顔にすることに直接繋がっている実感が持てないといいますか。数字の結果が出にくいからかな。

でも、SBCメディカルグループのクリニックバックオフィス(事務スタッフ)はモニターページ作成などの仕事があるので、事務も目標達成のために頑張る一員になれるんです。受付カウンセラーさんから「このサービスに今月力を入れていきたいんだよね」「良いページお願いね!」と言われると、やる気が出るし、作るものに対する思い入れも深くなります。

各職種がそれぞれの持ち場で特技を発揮して目標に向かって頑張っているんですね。

自分が休んだ翌日に、「昨日、五十嵐さんがいなかったから大変だったんだよ〜!」と言ってもらえると嬉しいんですよね。ここで頑張って良かったと思えます。

存在を認めてもらえる感じがしますね。そんな五十嵐さんが最近力を入れていることって何ですか?

集客に繋がる取り組みは引き続き頑張っている部分です。あとは、新人さんの教育ですね。

クリニックバックオフィス(事務スタッフ)の新人さんですか?

いえ、受付カウンセラーの新人さんです。職種は違ってもカルテ準備など共通する業務があるんです。けっこうカルテ準備が複雑なのでマニュアルを作成して教えたりしています。

マニュアルも五十嵐さんが作っているんですか!?

口頭で伝えているときりがないので(笑)

皆さんを支えるため、本当にたくさんの仕事をしていらっしゃるんですね!

仕事がたくさんあるというより、「こうした方が効率良くなるかな?」と考えて試行錯誤したことが仕事につながっているイメージです。みなさんの役に立つように動くたくさんの「ありがとう」を貰えるので、裏方の仕事が好きな人はとっても楽しめると思います。

クリニックの皆さんとのご飯会での一枚。

クリニックバックオフィス(事務スタッフ)はとてもやりがいがある仕事だということが伝わってきます!

「事務作業だけを毎日繰り返していたら飽きちゃうかな?」と心配だったのですが、SBCメディカルグループでは全くそんなことはありませんでした。もっと皆さんから頼っていただけるクリニックバックオフィス(事務スタッフ)になれるよう頑張っていきます。

五十嵐さん、貴重なお話をありがとうございます!頑張ってください!

Pocket

Facebookページにいいね!をして
湘南美容クリニック求人メディア「Graine」の最新情報を受け取ろう

湘南美容クリニックグループでは様々な職種の採用を積極的に行っています。
詳しくは職種の情報や募集要項をご覧ください。

この記事のあとによく読まれています

同じコーナーの記事