リアルボイス

2021.11.16

医療と美容に携わる夢を叶えた看護助手が、SBCメディカルグループで働き続けたい理由。

#スタッフ紹介#お仕事紹介#中途採用

PROFILE

湘南美容クリニック横浜院所属の看護助手(エイド)。2013年7月にエステシャンから転職。趣味はスノボード。(取材:2017年6月19日)

今回は湘南美容クリニック横浜院の看護助手(エイド)の滝原さんに当社へ転職したきっかけや良かったことについてお話をお伺いします。

高校生の時に抱いた想いを胸に美容医療の道へ

早速ですが、滝原さんがSBCメディカルグループ(以下SBC)に転職を希望された理由を聞かせてください。

高校生の時にエステティシャンか看護師で迷った末に、エステティシャンの道へ進んだのですが「やっぱり医療に携わりたい」という想いがずっと残っていました。そんなときに脱毛の施術でSBCにお世話になり、美容外科であれば美容と医療の両方に携われるということに気づき転職を決めました。

医療へ携わりたいという長年の想いを叶えられたのですね。

看護助手(エイド)は病院や美容クリニックの両方で働けるうえに全国に職場があるので、職に困らないかなとも思いました。前職のエステティシャンはすごく楽しかったのですが、体力勝負かつあまり収入が上がらないという状態。将来を考えると少し厳しいなと不安を感じていたんです。

長く働いていくことを考えると、楽しさだけではなく待遇も大切かもしれません。

SBCは給与が良いと個人的には思います。看護助手(エイド)は資格がなくても医療に携わることができる仕事でありながら、ここまでお給料をいただけるなんてありがたいです。また、前職では残業代がつかなかったのですが、現在は一分から残業代がつきます。小さいことに思えるかもしれませんが、意外と大きな差を生むんですよ。

スタッフが幸せに働けるための福利厚生

給与の面は大変満足されているようですが、福利厚生はいかがでしょうか?

有給制度が導入されていても実際には休みが取りにくいということもあると思うのですが、SBCではしっかりと有給がとれます。私は去年サイパンに2泊3日で行きました。1週間ほどの長いお休みもいただいたことがあります。

有休消化率・産休育休取得率

SBCの2014年から2015年にかけた一年間の有給消化率は約80%でした。これは、厚生労働省が算出した2015年における有給消化率平均の48.8%を大きく上回る数字です。

有給制度が利用しやすい環境が整っているのですね。
オンとオフを分けることによってしっかりとリフレッシュができるため、お仕事へのモチベーションも保ちやすそうです。

このような待遇の良さは、お客様・スタッフ・社会の3方が幸せな状態を目指す「究極の3方良しを実現する」というSBCの理念からきています。まずはサービスを生み出すスタッフが幸せでなければ、お客様を笑顔にすることはできないですよね。なので、SBCメディカルグループはスタッフが幸せに働けるための福利厚生をしっかり整えてくれています。

企業理念に基づいた福利厚生が浸透しているのですね。

スタッフもそういうSBCが好きなので、結婚や出産をしても退職せずに働き続ける方が多いです。先輩は「入社して6年目だけど定年まで勤めたい」と仰っていました。実は私ももうすぐ入籍する予定ですが、寿退社せずに働き続けます!先日看護助手(エイド)の皆さんから結婚祝いもいただいて、本当に人間関係の良い職場です。

医療現場だからこそ大切なチームワーク

共に働く方たちとの関係も、働きやすさにつながっているのですね。

この会社に入ってから人間関係で悩んだことがありません。女性が多い職場なのにすごいと思います。また、SBCはイベントがすごく盛り上がる企業です。特に年末の忘年会での盛り上がりは格別ですね。横浜院ではみんな仮装して参加するので、普段は見ることができないようなドクターたちのはじけた姿も見られ距離もグッと縮まります。

コミュニケーションが豊富に行われていることで仕事に何か影響はありますか?

オペがたくさん入っていてとても忙しく残業になる日もあるのですが、みんなで力を合わせて全ての仕事をやり終えたときに、達成感ややりがいを共有することができます。チームワークの大切さをとても感じています。

チームワークを強くするコミュニケーションは大切ですね。
入社してから苦労されたことはありますか?

入社したばかりの時は、オペで使う物品の名前が覚えられずに苦労しました。ハサミのような物でも何種類もあるんです。写真を撮って電車の中で一生懸命覚えていた頃が懐かしいです。

医療となると間違えることができない緊張感が常にありますね。

そうですね。でも、お客様のコンプレックスを解消するお手伝いができているということ自体がすごく嬉しいです。オペの器具セットを組む際に、この準備がお客様の役に立っているのだなとやりがいを感じています。美容が好きな方や、裏方で支えることが好きな方にはSBCの看護助手(エイド)はおすすめです。私自身、SBCが大好きです。

尊敬できる代表の存在

福利厚生や働く環境、やりがいなどの他に、SBCに入社して良かったと感じる点はありますか?

代表の人柄です。実は今年の私の誕生日にSBC代表の相川佳之先生からおめでとうメッセージをいただきました。それがこちらです。

1000人以上の社員を持つお忙しい方なのに、直接話したこともない私にメッセージをくれるなんて普通はあり得ないことですよね。社員一人ひとりのことを大切に思ってくれている行動に感動して、相川代表のことを更に尊敬しました。相川代表が率いるSBCに転職して、本当に良かったと感じた瞬間です。

尊敬できる代表のもとでお仕事ができるのは素晴らしいことですね。
それでは最後に、SBCに入社を検討されている方へメッセージをお願いします。

美容が好きであれば楽しんで仕事ができると思いますし、自分も綺麗になれるような素敵な職場なので、看護助手(エイド)に少しでも興味があればぜひSBCを選択肢の一つとして考えてみてほしいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

同じカテゴリの記事